Twitterで垢ロックされた話

原因

なんか朝起きたら所持してるTwitterアカウント全部がロックされてた。
原因は昔使ってたアカウントでデジモンじゃない方の八神太一に言及したことっぽい。

時系列

02/17 01:25 ロック実行(受信メールの時間から推定。当時スヤスヤだったので気付かず)


02/17 13:15 ログイン時点で電話番号を求める表示。入力してもサポートされていない電話番号です表示のみで一向に削除に進めない。異議申し立ての項から「削除には承諾するからログインさせろ」の旨を送信。


02/17 17:45 Twitter社から返信が届く。「あなたの異議申立ては却下されました。ツイートを削除するまでTwitterを利用できません」の旨。ログイン時点では相変わらず電話番号を求める表示。こんな自動応答なみのガバ対応ならなんで返信に4時間半かけたんですかね……


個人情報に関する通告のフォームから「このアカウントの個人情報を含むツイートを削除したいのにこういった理由から操作ができない」旨を送信。


02/17 18:05 「This is an AUTOMATED response from our support system. 」と書かれた英文メッセージが届く。正直落胆したけどログインすると電話番号を求める表示は消えてツイートの削除ができるように。自身で削除。同時に巻き込み凍結されたアカウントのロックに対し異議申し立て。

02/19 07:01 アカウントAが復旧したメール。
02/19 10:01 アカウントBが復旧したメール。

文面は共通。

ゲームのスクショを貼ってただけの別アカウントも攻撃的だったのか……

02/20 04:00 「アカウントCのロックを解除する気はない」のメール。

02/24 17:00「アカウントDのロックを解除する気はない」のメール。

おしまい。

まとめ

・プライバシー侵害の申し立てだと20分で人間による対応が来る
・ツイート削除に対する異議申し立ては4時間半かかるけどツイート内容を再確認するだけで備考欄は全く読んでくれない
・ロックに対する異議申し立ては24時間以上放置される

案件によって優先順位に差があって所要時間もそれによって変わるよーという話。
DMCAは無審査だし木っ端案件は自動対応だと思うと人間がすぐ対応してくれるのはプライバシーの侵害に対する異議申し立てフォームだけかもね。
だからといってプライバシーの侵害に対する異議申し立てフォームからロックに対する抗議をしちゃだめだぞ当サイトはそういった行為を推奨しておりません

あんまTwitterに浸るのも良くないなあと再認識した案件でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする