デレステ/ミリシタの譜面シミュレータ 「Tempest Wave」を使ってみよう

自分でフォルダに入れた譜面を再生するアプリの紹介記事です。
人の書いた譜面で遊びたい人はLinearBeatsがオススメです。
あと詳しい譜面の書き方は僕も知りたいので聞かないでください。Editorで粗方のことはできるけど詳しい仕様とかどこでわかるの……

Android / iOS

公式サイト(Windows版あり):

なにこれ?

記事の通り。

某一番有名なデレステシミュレーターやミリシタシミュレータの形式の譜面が変換なしでそのまま使えるのが魅力的です。

創作譜面のテストプレイしたい時にさくっとスマホで動くのがとても便利です。

日本語でなんか書いてあるページがあるととっつきやすいかな、と思って軽く書いてみる。

とてもシンプルな使い方

1. Tempest Waveフォルダを探す
2. 直下にSongsフォルダを作る
3. その下に曲名フォルダを作って譜面ファイルと音楽ファイル(wav/ogg/mp3)を突っ込む、必要なら背景動画(mp4)か背景画像(Background.[jpg/png])と選曲画像(jacket.[jpg/png])もぶっこむ

これ以上に詳しいのは説明書へ。

記事執筆時点での最新版はここ
真の最新版は適宜各人で確認してください。

説明書へのリンクは「ストアのアプリ説明欄」と「アプリのトップ画面右下のINSTRUCTIONの文字」の二か所。
見落としがちなので気を付けよう!

感想

デレステ/ミリシタ共に左右端の余りスペースはそれぞれ左右端ノーツの判定領域になってるけど、
このシミュだと左右端も他と同じだけの判定領域しかないので注意。

端末の調子によってか音のデコードが異常に遅延することがあるのでwavで突っ込んだ方が無難かも。
それを除けば動作がかなり軽快なので助かってる。
泥版LinearBeatsみたいなバーの常時表示がないのもかなり良い。
アップロードも変換もいらずに創作譜面を読めるのも相俟ってテストプレイにとても向いてる。創作譜面と一緒に流行れ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする