劇場版「SHIROBAKO」を見た

元ネタのまとめが欲しい……!

テレビ版ほどでは無いけど登場人物がガンガン増える作風なのでやっぱりこう思う。

5年ごしの新作ですよ!新作!

TVアニメ版だとアニメ増えすぎの状況だったけど劇場版の時間軸だとアニメバブル崩壊で仕事減ってるのが少ない。
第三飛行少女隊めでゅ~さ、よくアレで原作者チェック通ったな……お金の力?

「現状」を咀嚼する前半。
離職率高いのも現実なんだろうな……夢だけじゃ食べていけないし。
不幸な境遇ではあるけどやっていけてる遠藤さんは相当環境に恵まれているというか人望があるというか。
ケジメを果たして去っていた社長。アレな人ほどしがみつくというか社長だったらまあ確かに戻ってこないだろうなぁ……という納得と信頼。ナベ長はラインP時代より妖艶になった感じがする。

そしてドーナツキメパート。
みゃーもり再起とアニメ教室とあとどこあったっけ。
嫌いじゃないんだけど全体の尺に対して長いというのと劇場仕様で演出が過激なのもあっていつにも増して「キマってる」印象受けたというか不安になったかな。迷家のわらべ歌的な……
創作挿入歌はもはや努監督名物だけどエンゼル体操の塩梅って最適解だったんだなと再認識。

げ~ぺ~う~の名前の由来はGPU(国家政治保安部)で社屋デザインはPA。流石に露骨な悪役だから実在のスタジオの見た目とか出せなかった?

閑話休題。怒涛の展開になる後半。
「SIVA」の当初のverと同じで物足りない印象をどうしても受けるというか制作の様子をもうちょっと丁寧に見たかった気持ちもある。けど今回の主題って意志の話だから主題ブレるって判断なんかねぇ……
でもやっぱこの皆が集まってそれぞれに尽力する感じがいつものSHIROBAKOって感じで楽しいですね。
そしてラスト地味に真・第三飛行少女隊と限界集落過疎娘の企画動いてる。ムサニの復活を予期させる希望あるラストで良かったです。今後も新作あると良いなあ……。厳しいかな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする