「パズルボブル2X (1996/SEGA SATURN)」を発掘した

家を漁っていたらこんなものが出てきました。

(ケースは反射が怖いので写真は説明書のみ)

パズルボブル2Xです。

パズルボブルとは

天井から吊り下がってるバブルを落とすゲームです。

落とすというのがミソです。バブル自体は同色が3つくっつく3つ以上くっついた状態でさらに同色を繋げる((非平衡状態ってやつでしょうか))ことで消せるのですが、全部をこつこつ消そうとか考えてると確実に時間が足りません。

このゲームは規定回数発射するごとに(パズルモードなら天井が)(対戦モードならランダムなバブルが)せり上がって来て窒息へ近づけさせてきます。

そんなこんなでこのゲームでは「多くのバブルの支点となっているバブルを見抜き」、支点バブルを確実に破壊するために「反射をも計算し確実な狙撃をすること」が求められます。実質STGとか言われるのはそのためですね。

パズルボブル2Xとは

アーケードゲームとしてリリースされた「パズルボブル2」とそのマイナーチェンジ「パズルボブル2X」をCD-ROM一枚に収録したタイトルです。

両タイトルの分かりやすい相違点としては2では「むずかしい」モードがあるのに対し2Xは「X」モードに置き換わっています。

ともすると「X」は超上級者モードなのかと思ってしまいますがそんなことはなくパンフレットにある通りトリッキーな構成のモードです。イレイサーを見る頻度が多かったりしてむしろ難易度は下がっているかもしれません。

ゲーム本編

家庭用では最初から9クレ入ってるのでエンディングまでの間に8コンティニューできます。
生半可な腕ではそれでも足りず概ね死んでいきますが……

「ひとりでパズル」…… 予め置かれたバブルを全部破壊するモード。

ツモ運が大事です。コンティニューすると死んだ面だけガイドラインが表示されて狙撃でミスらなくなるので有情。ここで鍛えてから対戦に行きましょう。

「ひとりで対戦」……バブルを消去して相手のフィールドに送り込み窒息させるモード。

ストーリーがメインコンテンツだと思った?残念、エンドコンテンツでした!って感じの難易度です。
対戦なのでコンティニューしても特に救済はありません。サツバツ!
3面で容赦なく殺しに来るのも回転率を上げたいACからの移植って感じで今だとあんま見ない特徴かなーって気がします。

「ふたりで対戦」…… 文字通り。
「エディットモード」…… 文字通り。SS版だけの要素。

余談

テキストサイトがどんどん死に行く昨今レトロゲーの記事ってほっといたら絶滅しそうなので何か残しておきたかった(このブログもいずれ死ぬけど)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする