ウソ広告から生まれた真 パズルゲーム「Hero Rescue」で遊ぶ

気が付いたら全クリしてたので紹介記事。

冒頭アイキャッチ画像みたいな広告よく見るよね。
でもこの広告の「Hero Wars」は全くパズルゲームじゃない、萌え要素を抜いたプリコネみたいなゲームなんだ。ごめユイさせろ

一応クエストを進めるとミニゲームとしてパズルのプレイ自体はできるんだけどパズルのためにクエストとかそんなかったるいことやりたくねえんだ!これがメインのゲーム出せよ!って思うよね。

出ました。

ちなみにこのゲームを知ったきっかけのツイート↓

登場キャラクター

色々ガバガバかも、何せこのゲーム前に戻れないので確認しようがなくて……

勇者:新感覚・金と女のケツを追いかけてたらいつの間にか全てが解決してる系主人公

あらゆる武装が特に役に立ってない柔らかさ。でも高所から突き落としても大丈夫。武装外して身軽になった方が良いと思う。

ただ目的を達成すると無敵になるという特殊スキルを持っているのがポイント。みんなも上手く活用して映え画像を撮ろう!

全てが知らないところで解決するのでキメ台詞がないのが弱点。「またオレ何かやっちゃいました?」とか言わなきゃ生き残れないぞ。

姫:何もしないやつ

何もしない。マジで何もしない。ちょっとお太い。
でも死体を踏みつけることにも抵抗がないから気を使わなくて良い。


超助かる。

制御に困るから敵処理中は何もしないでくれて良いけど微妙な高低差でクリア判定にならない時に不動なのは腹立つ。迎えに来てくれてるんだから自分の足で歩け。

ゴブリン:同族以外絶対殺すマン

虫含め他種族を見かけると追いかけまわして切りかかったり矢を放ったりする。アンチダイバーシティ。
刃持ちは焼殺・撲殺・爆殺・圧殺・刺殺・毒殺など凄惨な死因に事欠かないが弓持ちは9割同士討ち。もうちょっと平和に生きていれば……。

虫:死因の9割はゴブリン

焼殺も撲殺も爆殺も圧殺も刺殺もできるけど死因の9割はゴブリン。
ゴブリンの追跡優先度は人間>虫なので主人公の配置によっては殺されずに済む。

毒殺はできないっぽい?

登場ギミック

火:あらゆる生き物と宝を焼き尽くすし液体のように流動する。でも床は焼かない。

水:火を消火して炭を作る。それ以外の役割はない。頭から相当量被せても生物はへっちゃら。水の重さを舐めるな。

爆弾:爆発すると近くの生き物は死ぬ。宝も燃える。でも有効範囲がそんなに広くないので微妙に使いづらい。

木:真上から落としても生き物はピンピンしてる。すげえ軽い。爆弾で木端微塵になってくれる。

岩:圧殺だけでなく物を堰き止める役割にも使える。微妙に軌道が読めなくて使いづらい。

スイッチ/糸:水にも熱にも強い優秀な構造。便利。

針:スイッチで落ちてきたり予め悪意ある位置に仕掛けられてたりする。

コイン:水と混ぜても拡散しないけど炭とぶつかると厄介。クリア判定にならなくなる……。

宝箱:真上から落とされると生き物は死ぬ。ゴブリンや主人公で同じことができないことからよほど重いかよほど硬いと思われる。厳重。防水もばっちり。でも耐火性はないことに注意だ。

感想

元々こういうジャンル好きだけど物理演算のせいか時々予期しない動作をするのが結構ツボで気が付いたら完走してた。お一人様向けどうぶつタワーバトルというか。
とにかく低質ゲームの広告が出てくるのも普通はウザいけどこれだと「元ネタの紹介」ってネタになってしまうのがズルいところ。スキップorクリアすると戻れないことには注意。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする