2017年リリースの好きなアニソンの話 [Advent Calendar 2017]

この記事は「脳みそ溶かされた音楽 Advent Calendar 2017」の10日目に登録しています。
曲名+紹介の形で行こうと思うので全部読んでみたり好きな曲のとこだけ読んでみたり曲名以外読み飛ばしたり好きに読んでくだせえ(?)

キャラクター名義の曲

Los! Los! Los! / 「幼女戦記」ED
作詞:hotaru / 作曲:八木雄一 / 編曲:eba

中毒性が強い曲。かわいい声に重い音と歌詞を合わせることによる強烈な違和感がめちゃくちゃリピート欲を煽ってくる。

歌え!愛の公約 / 「アイドル事変」
作詞・作曲:つんく / 編曲:大久保薫

「与党野党に甘党♪」のフレーズが最強すぎますね。字面だけ見ると完全におっさんのクソダジャレでしかないのに異様に頭に残って負けた気分です。
覚えてろつんく……!

あ・え・い・う・え・お・あお!! / 「ひなこのーと」OP
作詞・作曲:松浦勇気 / 編曲:睦月周平

よくあるハイテンポな萌えチューン……と思いきや途中で変拍子挟んだりだいぶ変則的な曲です。Los!Los!Los!と同じでこの違和感が中毒性を(ry

どうでも良いけど発声練習してると絶対途中で無意識に加速したり減速したりしてリズム狂わせてくる人いますよね。もしかしてこの曲が変拍子なのってそういうことなんかな(ガバ推理)

Precious You☆ / 「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」ED
作詞:hotaru / 作曲:杉下トキヤ / 編曲:RINZO

聞いてて気持ちの良い編曲で多幸感がありますね。
二番後の転調落ちサビもポイント高い。オタクはみんな転調大好きだから(ド偏見)

WONDERFUL WONDER! / 「スタミュ(第2期)」挿入歌
作詞:くまのきよみ / 作編曲:大久保薫

THE 大久保薫な一曲。歌詞もバックトラックもめっちゃキャッチーで耳馴染みが良い。
ミュージカルシーンとして本編中に挿入される性質上今回紹介してるほかの曲より「キャラクターソング」であることを強く意識させられますね。こんなこと言ってくれる先輩欲しかった!

グッドラック ライラック / 「アニメガタリズ」ED
作詞:只野菜摘 / 作編曲:田中秀和

田中秀和は天才(事実の再認識)。田中さんのTHE 得意ジャンルのアキシブ系ですよ。大好きなんですよ(語彙力低下)
これも素直に多幸感って感じですね。耳が幸せ。
どうでもいい話なんですけど、歌ってるキャラの名義が「阿佐ヶ谷」「上井草」「高円寺」でジャンルが「秋葉原」「渋谷」なのは狙ってるんでしょうかどうなんでしょうか。

SUN♡FLOWER / 「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場」ED3
作詞:坂井竜二 / 作曲・編曲:山崎真吾

アイマスだと「絶対特権主張しますっ!」、アイマス外だと「KUMAMIKO DANCING」、今年だと「ハレルヤ☆エッサイム」とかでおなじみのコンビです。
お前ら中毒性ある曲しか作れないのかこの野郎(褒め言葉)
坂井竜二さんの詞は多少何か偏執的な部分があるのか先に挙げた曲もこの曲も「Paが歌ってると可愛いけどCoが歌ってたらこわい」みたいな側面ありますね。そこがいい。

More One Night / 「少女終末旅行」ED
作詞・作曲・編曲:emon / 共作詞:ヒゲドライバー

電波ソングとは違うんだけど電波ソングの文脈を感じる曲と言いますか。
オタクはこういう曲好きそうですよね(クソデカ主語)、ソースは私。
TVsize.の流れが美しいので聞いたことない方はとりあえず聞いてみてくださいね(ダイレクトマーケティング)

Reason!! / 「アイドルマスター SideM」OP
作詞:松井洋平 / 作曲・編曲:EFFY

SideMの主題歌です。歌詞が315プロを表現してて315です……
TVアニメのアイマスの主題歌って全部Cメロがありまして(ゼノグラ曲には無いけどゆるして)この曲もそのルールに漏れてないんですけど、歴代でも一番変則的で最難関な気がします。
歌詞に「READY」「CHANGE」「星(Star!!)」「Shine」「輝きの向こう側へ」とか入ってるのも相まってこう……
今までのアイマスの色々を背負ってる感じが伝わって来て泣けます。良い。
いつかファスライ組だけじゃなくて全員verを聞かせてくれ……

非キャラクター名義曲

晴レ色メロディー / 「SUPER LOVERS 2」OP
作詞・作曲:山田智和 / 編曲:睦月周平

作品の内容とは裏腹に爽快感のある曲ですね。朝聞いたら爽やかな気分になれそう。
歌ってるのは1期に引き続き矢田悠祐さん。
前期の主題歌が歌いづらい曲だったのもあったけど、それを差し引いても1年でめっちゃクオリティ上がっててビビる。

Shadow and Truth / 「ACCA13区監察課」OP
作詞:Konnie Aoki / 作編曲:高橋諒

オシャレな音作りと軽快なリズムでシンプルにテンション上がります。
ボーカルの女性はORESAMAのPONさん。意外でした。
ONE Ⅲ NOTESはこのアニメのための特別ユニットらしいですが、素敵な組み合わせなので
いつかまた再結集して欲しいものです。

Uncontrollable / 「CHAOS;CHILD」OP
作詞・作曲:志倉千代丸 / 編曲:悠木真一

毎年毎年色んなアーティストが千代丸曲を歌ってますがやっぱり一番安心感あるのはいとうかなこさんVoだよねー、とか思ったり。癖になる緊張感がある一曲です。

青空のラプソディ/「小林さんちのメイドラゴン」OP
作詞:林英樹 / 作曲:佐藤純一 / 編曲:fhána

良い!良い!(語彙力/Zero)
fhánaの得意分野といった感じの爽快感に溢れる曲なんですけど、今回はそれに温かみも入ってさいつよですね。
軽快なリズムで聞くだけで無条件に楽しくなります。

MY LIBERATION / 「チェインクロニクル ヘクセイタスの閃」TV版OP
作詞:ナノ / 作編曲:WEST GROUND

説明不要のかっこ良さ。きっとこんなカッコいい曲が主題歌のアニメは本編も厨二的カッコ良さに溢れてるんだろうな!!!!!まさか原作主人公が闇落ちしてアニオリのショタが活躍するショタコンのためのアニメだったりしないんだろうな!!!

go to Romance>>>>> / 「うらら迷路帖」ED
作詞:くまのきよみ / 作曲:大隅知宇 / 編曲:千葉”naotyu-“直樹

わちゃわちゃした本編を締めるにふさわしい楽しさと切なさを感じさせるメロディです。
TVsizeで使われる1番は「私は探しています」で母親を探してる主人公にとりあえず寄せといて、2番以降は日常系のご法度とも言える恋の話にガッツリ切り替えていくスタイルが面白いです。「借景なんていらねえぜ……!」という強い意志を感じさせます。もしくは百合

嘘の火花 / 「クズの本懐」OP
作詞・作曲・編曲:谷口尚久

「も↑し↓も↑運↓命↑が↑あ↑る↓の↑な↓ら↓ば↑」がメロディも音ハメも最強。ボーカルが96猫さんということもあって大分ボーカロイドソング風な曲調なんですが、作品の雰囲気とマッチしてて面白いです。
あと原キーで歌うと「苦しいよ」の部分が断末魔になります。歌詞と同じ気持ちを追体験したい人は是非。

平行線 / 「クズの本懐」ED
作詞・作曲:さユり / 編曲:カワイヒデヒロ

EGOISTに続きノイタミナお抱え歌手になりつつあるさユりさん。
声質が良いというべきかなんというか、苦悶の叫びに安定の説得力があります。
曲と詞と声でもうさユりワールドを確立してる感じ。

ぼくのフレンド / 「けものフレンズ」ED
作詞・作曲:みゆはん / 編曲:R_Men_Soul

なんかもう説明不要だよね。あの本編の後にこのエンディングはズルい。ズルいって。

一件落着ゴ用心 / 「AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-」OP
作詞:只野菜摘 / 作曲・編曲:横山克

本編の単語使ってないのにめっちゃ「アキバニの曲!」って感じがする。
強い!もう完敗って感じ(語彙力)。

B Ambitious! / 「AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-」第01話ED
作詞:7chi子♪ / 作曲:渡邉俊彦 / 編曲:大久保薫

編 曲 : 大 久 保 薫。
「WONDERFUL WONDER!」とか「歌え!愛の公約」はいつものアニソンアレンジジャー大久保薫だったけど
こっちはEDMアレンジャー大久保薫。音が多いアレンジで聞いてて楽しい。
1話のEDとして「これから物語が始まるぞ!」っていう高揚感を与えてくれます。

超反応ガール / 「AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-」第05話ED
作詞:NAGAE / 作曲:南直博 / 編曲:西岡和也

格ゲー回からのこのED。アキバニは毎回本編に寄り添ったEDなんですけど、量産だから1曲1曲適当かということ
そんなこともなく全部聞いてて楽しい音なのが強いですね。
A応Pは今年ヒアリGOこと異世界スマホOP「Another World (編曲:大久保薫)」もリリースしてたけど
個人的にはこういうコミカルなソングの方が得意分野だと思う。

ID-0 / 「ID-0」OP
作詞:佐咲紗花 / 作曲・編曲:AstroNoteS

イントロがカッコいい!!!!!優勝!!!!
力強い「WASTELANDERS」も好きだったけど佐咲紗花さんはこういう夜の雰囲気ある曲も似合いますよねぇ~。ジャジャジャクション
歌詞カードの「deleate」は何かの掛詞なのか誤記なのか……。私、気になります!

adrenaline!!! /「エロマンガ先生」ED
作詞・作曲・編曲:中野領太

TrySailはアニプレ一押しというか毎回良い曲持ってきてぶつけてくれる安心感があります。
今回の曲は何も考えずにノレる感じで最高。アドレナリンドバドバ^~って感じ。
カップリングの「かかわり(マギアレコード主題歌)」も中毒性のある曲です。オススメ。

Shocking Blue / 「武装少女マキャヴェリズム」OP
作詞・作曲・編曲:園田健太郎

「ID-0」に引き続きイントロカッコイイ優勝シリーズ。
テレビ版冒頭1.3秒のドゥーデッテレーテッテレーテーテも含めて好きだったんですけどパッケージ版ではカットされてるんですよね。悲しい。泣く。
でも好き。
サビにわかりやすい盛り上がりというか落差が来ない分全体を疾走感が貫いてるのもすき。とにかくすき。

Tiny Tiny / 「フレームアームズ・ガール」OP
作詞:坂井竜二 / 作編曲:神前暁

おかえり神前さん!!!!
ということで休業してた神前暁さんの復帰作。オープニングにして既に泣かせに来てるメロディです。
歌詞も轟雷のことを連想させて泣かせに来てる。なんだこの曲最高か!?!????(半ギレ)

gravityWall / 「Re:CREATORS」OP1
作詞・作曲・編曲:澤野弘之 / 英詞:Tielle

THE 澤野節って感じのする曲。
日本語歌詞なのに意図的に発音を埋没させてというか流すようにして歌ってる独特なリズムが癖になります。
2クール目の「sh0ut」もお気に入りです。

かなしいうれしい / 「恋と嘘」OP
作詞・作曲:三原康司 / 編曲:フレデリック

TVsizeで聞いたときは印象なかったけど有線で聞いてちょっと印象変わって中毒になった曲(?)
90秒のうちに印象に残さないといけないアニメOPには不向きな曲かなーと思ってみたり。
ガッとハマるっていうよりいつの間にか口ずさんでる曲。

百火撩乱 / 「活撃 刀剣乱舞」ED
作詞・作曲・編曲:梶浦由記

「百 “花” “繚” 乱」じゃなくて「百 “火” “撩” 乱」。
梶浦さんの歌詞は「エンディング聞いて先の展開深読みオタク」に凄い刺さる。
基本的に救われない歌なんですけど希望が微かに残ってるのがまたニクいというか憎めないというか……。

まさかこの歌詞でね、本編があのエンドになるなんて思ってなかったよ?

カーストルーム / 「ようこそ実力至上主義の教室へ」OP
作詞・作曲・編曲:ZAQ

ZAQの本領発揮というかなんというか。
ZAQさんは本編の世界観をかみ砕いて歌の世界に組み込んでくるところが魅力だと思うんですけど、
「カタラレズトモ」とかもそうなんですけど特にある種厨二的とも言えるようなテーマと相性が良いと思ってまして、
そういう意味で「カーストルーム」は今年一番ZAQさんしてる気がして好きなんですね……!

KOE / 「Fate/Apocrypha」ED2
作詞・作曲・編曲:Saku

じっと暗所に閉じ込められていたようなABメロから一気にサビで世界が開けていく解放感。
閉塞的な本編の後に重さを残さないようにしてくれる癒しというか、ある種の浄化というか……。
暗いのに爽やかになれる曲です。すき。

Here / 「魔法使いの嫁」OP
作詞:岩里祐穂 / 作曲・編曲:白戸佑輔

JUNNAちゃんの満を持してのデビューシングル!
いや、先にアルバム出してるので「いよいよ!」って感じはそんなにしないんだけど。
歌唱力すごい。聞いてて気持ちいい。歌詞とのシンクロが良い。美雲さん名義だとキャラ的にそんなに歌に感情乗せられないけど(その代わりに艶を感じる)今回は本人名義だからそういう制約もない。良い。良い……(語彙力)

時間は窓の向こう側 /「時間の支配者」ED
作詞:やなぎなぎ / 作編曲:bermei.inazawa

bermei.inazawaさんとやなぎなぎさんのコラボレーション!?!?
その上映像は松根マサトさん!?!?!?!?

……本当に私の性癖を詰め合わせたような組み合わせですありがとうございます。
歌詞世界がね、もう良い……。
「時間の支配者」はバトルメインの作品だったわけで、タイムリープを連想させられるこの曲とは違う世界観の話なんですけど
もしこの曲がタイムリープがメインテーマの作品に起用されて主題歌映像とか作られてた日にはヤバかったですね。
感動のあまりしめやかに爆散してましたというか爆散したいから作って!!!さもないと俺が作るぞ(?????)

砂糖玉の月 /「キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series」ED
作詞・作曲:やなぎなぎ / 編曲:出羽良彰

「カザキリ」ぶりの出羽良彰さんとのタッグの曲です。良い……
サビ後半の伴奏の展開が好きなんですよ。この何とも形容しがたい良さよ、わかって(無茶振り)

アニメ映画の曲

Catch the Moment / 「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」主題歌
作詞:LiSA / 作曲:田淵智也 / 編曲:江口亮

「Twitter流行語大賞風評被害部門」みたいなものがあったら間違いなくノミネートされてそうなメスイキリトさんの映画の主題歌です。
自然に馴染んでくるメロディを書く田淵さんの凄さを改めて実感させられますね。この曲きっかけで田淵曲の良さを再認識したと知人に言われました。LiSAの歌声も評価しろ。
歌詞の内容も本編に寄り添いながらも一つの作品として完成されてて良いです。末永く爆発しろクソリア充!

打上花火 / 「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」主題歌
作詞・作曲・編曲:米津玄師

うん、……良いよね。脆いオタクだから本編に寄り添った世界観を提示されるとすぐ泣きそうになるよ。
本編は散々「ポカーン( ゚д゚)」とか「意味不明」とか言われてたけどね(俺は大好き)、
この曲はそういうところの補完もしてくれてるわけですよ。
意味不明と言うなら!!!これを1000回聞けや!!!と思います。
意味を理解した上で好きになれなかったとしても個人の意見として尊重するからさ……頼むよ……って気持ち。
良い曲です。

花の唄 / 「Fate/stay night [Heaven’s Feel] Ⅰ. presage flower」 主題歌
作詞・作曲・編曲:梶浦由記

正直CMで流れてるの聞いたときはなんでTwitterでそんなに持ち上げられてるのか不思議でしょうがなかった(炎上)
この曲を映画館で聞いたときの圧迫感たるや、ですよ。
原作:奈須きのこのクレジットタイミングもかっこいいし1番後の間奏に惹きこまれるしつよい。
そしてその流れで聞く大サビ(CMで使用されてた箇所)は本当に良い。

なんというか文脈あってこその大サビなのでCMみたいに「大サビだけ」だと良さが伝わってこないんですよね……。
でもこの曲って他に切り出しやすいところもないしCMであそこを選んだのは多分苦渋の決断だったんだろうなあ、
と今なら思います。

夢の果てまで / 「劇場版 はいからさんが通る 前編 紅緒、花の17歳」主題歌
作詞・作曲:竹内まりや / 編曲:増田武史

浪漫というか情緒に溢れた歌謡曲です。強い決意を感じて勇気づけられる。
約40年前のアニメのときはOP/EDがフォークソングだったので聞き比べるとアニソンの変遷について考えさせられます。

赤髪の白雪姫OP1/OP2のときは自身で作詞作曲まで任せたうえでのシングルリリースだったので
事務所的には早見さんのアーティスト的な売り出しを推していくのかなと思ってたら久しぶりのCDリリースなので
びっくりしてたり。……と思ったらCCさくらのED担当に決まってましたね。応援してます……!

さいごに

ひたすら好きなものについて書き連ねたまとまりもクソもない記事なので最後に何書けば良いのかわからないですね……!

実はキャラクター編を「Favorite Song Advent Calendar 2017(私主催です)」として9日に、非キャラクター編を「脳みそ溶かされた音楽 Advent Calendar 2017」として10日に……といった感じで分割して投下する予定だったんですけど間に合わなかったのでまとめて1記事にしちゃいました。アドベントカレンダーは計画的に。

「脳みそ溶かされた音楽 Advent Calendar」の中でも結構アニソンというテーマは他の皆さんとかぶってしまうようなんですけど、アニメの数に比例してアニソンも多く世に出てて結構好みがわかれたりするので記事として似たり寄ったりにはならないかなあと思ってます。むしろ同じように見えるテーマでどれくらい違う趣向が見えるのか楽しむのが面白いかなあ、と。
これは主語を「アニソン」から「脳みそ溶かされた音楽」に変えても同じことが言えて、「脳みそ溶かされた音楽」っていうテーマでも人によって脳みそ溶ける曲の傾向の違いが見えて面白いなあ、と思ってます!

そんなこんなで(強制転調)、明日は813aさんの記事です!前衛音楽……。果たしてどんなものが投げられるんでしょうか。お楽しみに!