「Connecting Happy!! (miroir ver.)」の譜面酷くね?という話

タイトル以上の中身はないので駄文を読みたくなかったら引き返してくれ

miroirのカバーした「Connecting Happy!!」のMASTER譜面見た?
どう思った?

フリック率37%で久川凪フリックアクト編成させたいんだな……以外に何も伝わってくるもののない稀にみるクソ譜面だと思った。

2月末からプリコネでは異例の3週間に渡るイベント「スターライトプリンセス Re:M@STER!」が開催された
前後編構成という初の形式になってまで描かれた長編のストーリーはアニメ版「アイドルマスター シンデレラガールズ」をかなり意識した造りになっていて、なおかつ3人がアニメ本編で十分にできなかった主体的行動や精神的結束を見せてくれる後日談的ストーリーになっている

デレアニは2クールアニメであるがユニット回など話の本筋が大きく動くわけではない回を連発していることもありストーリーに割いた尺はそれほど多くない作品だった。その上でシリアスなテーマを複数ぶち込んでいるので必然的に全体にになっている。((これは特に2クール目に顕著である))((連続2クール予定だったアニメを関連グッズの発売スケジュールを一度リセットして分割2クールに変更、その上で更に延期の連続を経てなんとか完結させるレベルのライブ感で制作されていたのである種当然の結果である))

世に出たものは仕方ないのでアフターフォローをするしかないのだがこれも大概難しい問題でデレステ「Sun!High!Gold!」コミュなんかはもろアニメを意識して作劇したもののの失敗した話だと思う((SHGはりあむ関連くらいしか話題に登らずどうせみんな大して読んでないので問題ないとも言える))
しかし「スターライトプリンセス Re:M@STER!」は正史に組み込まれない・異世界転移が認められるリアリティラインなどのコラボならではの自由度の高さを生かしてデレアニのフォローを描き切ってくれた快作なのだ。顔見せに終始しがちなコラボイベントでここまでやってくれて本当に感謝しかない。

だからこそ、デレ側から出すコラボこれで良いの?ここまでしてくれた相手に失礼なことしないでくれよという気持ちが大きいのだ。

要するに何が言いたいかというとデレステはもっとコラボ相手に敬意持ってほしいし皆もプリコネやろうねって感じ。

『ウヅキ(デレマス)』紹介映像

『ミオ(デレマス)』紹介映像

『リン(デレマス)』紹介映像

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする